ノートパソコン

webマーケティングの初めの一歩

インターネット

10年ほど前、無料スペースでボランティアの知り合いのホームページ制作したとき、ワールドワイドなお店を作ったとたんにたくさん人が見に来て、たくさん売れるに違いないと、その知り合いは誤解していました。実際にはそううまくいくはずもなく、「サイトの作り方が悪いんじゃないの」という非難めいた言葉を投げかけられました。
現在なりゆきで、ホームページ制作の仕事をしていますが、クライアントの希望にできるだけ沿ったホームページ制作を行い、それがなかなかアクセスアップに結び付かないことはままあります。そして、結果的に「作り方が悪い」とこちらが非難されるという流れは、今でも変わっていません。
アクセスの上がりやすい、見やすいホームページ制作を行うということと、クライアントの希望するデザインのサイトを作るということは、互いに相容れないこともあります。とりあえず希望のデザインで作って、製作費だけいただいて、あとの運営はクライアント様でご自由にというスタイルの製作会社がほとんどだと思います。アクセスアップにつながるさまざまな分析を行い、改良を提案するwebマーケティングは、ホームページ制作とは全く異なる分野の仕事なのです。アクセスデータを解析し、どこに問題があるかということを見極めて、サイトを改良するというwebマーケティングの手法は、大手企業でも年単位で行っている長期的な仕事です。
「プロなんだから、初めから大成功するwebを作って当たり前」的なクライアントの認識を変えて、時間がかかるけれど一緒に頑張っていきましょうと説明していくことから、webマーケティングがスタートするのだと思います。

ホームページ制作におけるwordpressで構築するDBシステム

ホームページ制作として人気のあるwordpressですが、日々の日記などを記載するブログとしての用途だけでなく、DBを用いたちょっとしたWEBシステムの構築が可能です。ブログそのものが記事をDBに格納し、一定の条件に基いて取り出し、表示システムなので、その使い方を少し他に応用するとWEBシステムと同様な仕組みとなるのです。これらを支援するホームページ制作における機能として、カスタムフィールドやタクソノミーというものがあります。
wordpressのカスタムフィールドは非常に応用が効く便利な機能で、記事に様々な付加条件を付け加えることが可能で、この条件によって表示を分岐したり等が出来るようになります。日記の場合はカテゴリーのみでほぼ用を成すのですが、DBのような用途ですと、様々な条件分岐へ対応する必要が出てきます。付加条件に対し、有る無しだけの場合はカスタムフィールドよりカスタムタクソノミーの方が使いやすいでしょう。
これは、一般投稿ではカテゴリーという分け方のみだったのを更に分類項目を増やすような使い方が主となるホームページ制作の手法となります。
一方、カスタムフィールドは記事に対し追加した属性値を持つことができ、よくある金額や面積など数値をそれぞれ記事毎に設定する場合などに適しています。これらを使ったwordpressのサイトでよくあるのは、不動産紹介記事や商品紹介などです。

woedpressはホームページ制作におけるSEO対策に有効?

何度もネットで話題になるのが、wordpressを使用してホームページ制作を行い、検索順位の上位を狙うことができるかについてです。wordpressよりもシリウスが良いとか、もしくはhtmlでページを作っていた方が有効であるかなどです。
おそらくこの議論は結果は出てこないのではないかと思うのです。実際にGoogleの検索結果の上位にあるサイトが何で作られているかを集計した結果がありました。外国のデータではありますが、wordpressを使用してホームページ制作されているものが良いという結果ではなく、すべてが平均というか誤差の範囲だったと思います。
Googleがサイトを判断する時の要素として、wordpressなどのツールの違いは全く関知していないのだと思います。必要なところに必要なタグがあり、無難に記載していればGoogleはOKサインを出すだけだと思います。これが10ポイントとか30ポイントとかそのような差になる事はありえないのではないかと思います。
内部対策が重要であるといわれるようになってきましたが、ホームページ制作のツールとしては自分の好きなものを使えば良いということだと思います。重要になってくるのは、タイトルの付け方やサイト内の記事の重複であると感じます。コンテンツを精査していく重要度の方が何倍も高いということです。


seo比較サイトで見積もりが可能です!【seo比較サイトでは、業者を探せて、一括で見積もりが可能です!】特にSEO対策は必須なものです!検索結果の1ページ目しか人は見ないのです!上位化表示をして集客力を上げましょう!